優れたオンラインゲーム用音楽の制作

ビデオゲームで使える音楽の制作は、あまり人の注目を浴びるものではありません。音楽が平凡なゲームをその年を代表する作品に変えることもあるにもかかわらず、大抵の場合その事実は見過ごされ、過小評価されています。それでも、様々なジャンルのゲームに使われるような音楽の制作に興味がある人のために、いくつかヒントをまとめました。

サウンドデザイナーと協働する

ゲーム用音楽を制作する際には、サウンドデザインが重要になるため、もしサウンドデザインに興味がない場合は、それを専門にしている人を見つけるとよいでしょう。多くの作曲家は限られた予算でサウンドデザインや音楽の制作など、複数の作業を行っているのが現実ですが、作曲を専門にしている方であれば、サウンドデザイナーと良好な関係を築くことが大きく役立ちます。

聴き疲れに注意

聞き飽きたと言う感覚は誰もが経験したことがあるものです。ゲームを始めてキャッチーな音楽が流れてくると、その曲が頭の中で繰り返し流れ出すものです。しかし問題は、その曲が30秒程度のものだと、簡単に20回くらい繰り返して聴くことになってしまうことです。 そうするとうんざりしてきてもうその曲は聴きたくないと思っているのに、なぜか前に進めないという状況になってしまいます。そこで少なくとも曲が終了するまでに5分はかかる音楽にするということをお勧めします。これは耳疲れを防ぐためのとても良い方法です。もしゲームの作曲をする場合は、ゲームで特定のレベルをカバーするのに十分な長さの曲を制作するようにするとよいでしょう。 たとえばあるシーンが10分間である場合に、そこでかかる曲が5分間で終わる場合には、その曲が2回繰り返されることになります。

アダプティブミュージック

ビデオゲームの作曲で成功している人の多くは、ゲームをより効果的に演出することができるアダプティブミュージックを活用しています。複数のダイナミックレイヤを作ることで、ゲーム内のプレイヤーの行動に合わせて音楽を変化させることができるものです。 1つめのレイヤは強度を抑えた楽器のパーカッションやドラムから始めます。2つめのレイヤは中強度で、弦楽器、木管楽器、金管楽器などを使い、最後の高強度レイヤは弦楽器や金管楽器による主旋律にコーラスを合わせて構成します。

ミドルウェア

この音楽についてネットで調べてみると、「WWISE」と「FMOD」と言う用語をよく目にすることになるでしょう。中にはこれをダウンロードした後に何時間か使ってみた結果、頭を抱えてしまったという人も多いかもしれません。 この2つは強力なプログラムで、ビデオゲーム業界の多くの作曲家に利用されています。これらのプログラムを使いこなすことができれば、様々な利点を引き出すことができます。まだ体験されていない方は、ぜひ調べて試されるとよいでしょう。

良いサウンドの条件とは何か

皆さんは人々がこれほどまでに音楽が好きな理由を考えてみたことはありますか?一般的に、人が音楽を好きな理由はリズムやサウンドが良く、心地よい気分になれるからです。 では、なぜ音楽には人を快適な気分にさせてくれる力があるのでしょう?音楽を聴く人々に関する研究を行ったカナダの科学者たちは、快い音楽が大脳辺縁系と呼ばれる、陶酔感に対して報酬反応を引き起こす脳の部位を活性化することを明らかにしました。 この反応は、おいしい食事や気持ちのいいセックス、あるいはドラッグを打った時の状態と似たもので、ドーパミンと呼ばれる神経伝達物質によってもたらされます。

音楽に隠された秘密とは?

食事やセックスによってドーパミンが大量に放出されると、それらに対する欲求がさらに高まるというのは、生物としての繁殖や生存につながるものであることを考えると自然の摂理とも言えます。しかしなぜ音楽に同様の効果があるのか、その答えはまだわかっていません。 一方、なぜ音楽がそのような強い感情を引き起こすのかについては、多くの手がかりが見つかっています。現在の理論が確立されたのは1956年のことで、音楽によって沸き起こる感情の全ては私たちの期待と、それを手に入れられるか否かに関わっているというものです。 たとえば、私たちは自分の願いが叶わないと怒りや不満を感じますが、愛すべき何かを見つけた途端に、そのフィーリングはとても甘美なものになります。音楽にもそれと同じような効果があるという理論に多くの科学者が同意しています。 音楽は音波の規則性やパターンを作り出します。音楽を聴くとワクワクした気持ちになるのは、私たちが曲の流れを無意識に予測しているからです。予測があたれば、音楽はドーパミンの急増という形で私たちに報酬を与えてくれます。この期待と結果の継続的な絡み合いによって私たちの脳が活性化し、喜びという感情が沸き起こるのです。 では人が曲の流れを予測し、それが正しいか否かを気にすべき理由はなんでしょうか?それによって人生が変わるわけでもありません。しかし、人が自分の周囲の環境について予測を行う時には、目で見たり耳で聴いたことをもとに解釈を行うもので、そういう意味では音楽が私たちの感情に直接的な影響を与えていると言えるかもしれません。 皆さんにも耳にすると必ず涙が出てくるような歌や映画のサウンドトラックがあると思います。何度も涙を流した方もおられるでしょう。頭では苦笑いをしてしまいたい気分になるかもしれませんが、人は音楽を聴かずにはいられないのです。 感情のスイッチを切ることが不可能なように、音楽を完全に止めてしまうことはできません。言うなれば、音楽は人生の一部なのです。

信憑性

音楽的な感情は、人が期待するであろう詩や曲に少し手を加えたり、意外性を加えたりする試みから生まれるというのが、どうやら現時点で最も信憑性の高い理論であるようです。しかしそれを証明するのはかなり困難です。音楽にはあまりにも多様な編曲や意外性を加える可能性があり、実際にそれぞれの曲を比較する方法や計測する方法なども明確ではありません。しかしひとつ確かなことは、音楽がなければ現代社会は味のない場所になってしまうということです。

史上最高のカジノソング

カジノがプレイヤーの体験を高め、より長時間ギャンブルを続けたくなるように、音楽を利用していることはよく知られています。しかし実際はそれだけではなく、快適な雰囲気を演出するという目的もあります。 そのため、多くのギャンブル施設やオンラインカジノのサイトでは、ほんの数曲に留まらずあらゆるジャンルの音楽を利用しています。皆さんは史上最高のカジノソングについて、またそれらの楽曲の背景について考えてみたことはありますか? 本記事では人気のギャンブルソングを取り上げ、その意味するところを解説してみたいと思います。では早速始めましょう!

ABBA – ザ・ウィナー・テークス・イット・オール

この曲はギャンブルのアナロジーが詰まったストーリーになっていて、お気に入りのカジノゲームを思い起こさせます。ABBAは独自のスタイルの音楽に乗せて、喪失の物語を伝えようとしています。それがこの曲の魅力であり、史上最高のギャンブルソングの1つである理由です。 カジノに足を運ぶのが好きな人なら、この曲がギャンブル業界で人気が高い理由がすぐにわかるでしょう。

AC/DC – ザ・ジャック

この曲を理解するのにギャンブルをプレイする必要はありません。当然ながら、The JackはシンガーであるKing and Queenを相手にしていた女性に捧げられたもので、風刺に溢れています。ここでいう「相手にする」とは、浮気の類義語です。AC/DCの楽曲の大半はかなり露骨なので、この曲がポーカー以上のことを意味しているのも驚きではありません。 彼らは、時を経て自分たちの楽曲にポーカーを言及するのを控えるようになりましたが、非常にセクシーで性的な快楽を強く示唆する歌詞が多いのが特徴です。The Jackがリリースされたのは1970年代ですが、未だに非常に高い人気を誇っています。

ケニー・ロジャース – ザ・ギャンブラー

この曲がリリースされたのは1978年ですが、現在でもその人気は衰えておらず、ギャンブラーの中にもファンがかなり多くなっています。The Gamblerはギャンブルにおけるメンタリティや、勝負にどう対処すべきかを歌った曲です。 最近になってこの曲の人気がまた高まっており、多くのカジノやギャンブル施設で耳にするようになりました。このタイプの音楽は、プレイヤーを大胆に賭けたくなるような気持ちにさせる効果があります。

レディー・ガガ – ポーカーフェース

レディー・ガガのPoker Faceを聞いたことがない人はおそらくいないでしょう。2008年にリリースされたこの曲は、厳密にはギャンブルに関係しているわけでもありませんが、圧倒的な人気を獲得しました。 そして多くのカジノが、ギャンブラーが大好きなこの曲をチャンスとばかりにプレイリストに加えました。現在でも、ポーカーフェースはカジノで最も人気のある曲の1つです。

エイミー・ワインハウス – ラブ・イズ・ア・ルージング・ゲーム

エイミー・ワインハウスは悲しい生涯を送った女性で、その悲劇的な運命を知ればあなたも涙を流さずにはいられないでしょう。彼女は歌手として高い名声を築きましたが、大きすぎる成功に押しつぶされてしまいました。この曲で彼女はギャンブルに興じる男性について歌いながら、真の愛に潜む闇の部分を描いています。

カテゴリー
Diigo
日本ピアノギャラリー・ドルチェホール